徒然なるままブログ」カテゴリーアーカイブ

日本でのセッション、更新しました。女性性覚醒の新規セッションあり

こんにちは

調子はいかがですか?

なぜかわかりませんが、今週と先週は非常に忙しく時間がかなり足りない感じがしています。今日はお家でおとなしくたまっている事柄を端から順々に片づけて、もうこの時間です。(夜10時)

皆さんの調子はいかがですか?

やっと夏の日本でのセッションの内容を更新しましたのでご覧いただけます。

http://gfls.co.uk/japan/

今回は女性性のエネルギーが活性化される新しいワークもメニューに取り入れました。

女性性や女性が抑圧されてきた社会の在り方
日本だけでなく世界中でそうですが、女性や女性的なエネルギーが男性優位社会が形成されてからずっと抑圧されてきています。徐々に女性が社会進出もし、ロンドンでは父親が”マタニティリーブ”を取れる時代へと変わってきていますが、まだまだ変化できる余地はありますね。

パキスタンではいまだに女性が焼かれて殺されたり、家族に家の恥として殺されたり、塩酸をかけられたリするそうで、南アフリカでもパキスタン系のネットワークではいまだに女性が殴打されて殺されたり、上司にたてついたことで首になったりするそうです。2-3か月前にはサウジアラビアで、住み込みのインドから送られたメイドさんが、雇い主に口答えをした、逃げようとしたという理由で片腕を切られたりしたことが報道されています。

日本ではどうでしょうか?まだまだ男性優位の競争社会が根強く残っているため、働く夫のキャリアを支えるためにキャリアをあきらめて家で家族の面倒を見て、子育てを余儀なくされている女性、男性以上に働いてもなかなか昇進が男性ほどできない女性、家庭の世話をする役割を担っているためにご自分自身が外に出て働いて金銭的な自立ができずに人生や自分の夢をあきらめている方、などまだまだ潜在的に多いのではないでしょうか?

男性でも夜中までばりばり働いて飲み会や仕事のお付き合いに夜も参加し、出世や昇進を競う日本社会の古い体質やあり方に疲れている方もいらっしゃるかと思います。

ロンドンでは。。
ロンドン滞在が今年で早くも9年目に入ったため、日本と比べるとある意味私にとっては非常に心地のいい場所であると感じています。理由はなぜかというと、

- 飲み物をつがなくてもいい (つまり無用な気遣いがあまりいらない)
- 女は意見を言うな、というような無言の圧力がない、その分自分を表現できる
- 男女という視点ではなく、実力、評価が良くも悪くも比較的正当に認められやすい気がする
- ご飯を作るのは女性の役目、という概念が薄く、ご飯を作って自活できる男性、作りたい男性がごまんといる
- 自分らしく生きやすい(こうあるべき、という型にはめられない)

という些細な理由ですが、女性が女性らしく生きることを日本よりも認められている感じがします。女性の首相もいて、女王もいて、女性のエグゼクティブや成功している億万長者の女性もたくさんいます。

私に今ついていてくれているメンター2人は男性と女性で、この道20年というキャリアを持っていますが、トップダウン式でなく、些細な質問にもセッション時に耳を傾けて聞いてくれたりします。特に男性メンターは、古いタイプの”俺の言うことを聞け”というタイプでなく、自分の経験値を惜しみなく知恵として提供してくれ、かつ私の性格や癖などにも併せて対応してくれます。つまり、バリバリ専門性と経験値の高い男性ですが、非常に女性的なはぐくむ、サポートする、というエネルギーを強く持っています。

つまり、彼のようなタイプはロンドンには意外とたくさんいて、比較的女性性と男性性のエネルギーのバランスが日本よりも取れているからだと感じています。もちろんロンドンから田舎に行くと、まだまだ古い体質の”男性優位主義、女性は下がっていろ的な”男性が40代でもまだまだいるなーということは感じています。男性、女性、という性別的な枠でなく人間としてみられる時代はいつくるんでしょうね?

余談ですが、ドアを閉めるとイギリス人カップルの場合はイギリス人女性がかなりのかかあ殿下で旦那さんをお尻の下に敷いているかなりの恐妻が多く、イギリス人の男性はイギリス人女性の妻に頭が上がらないそうです。友人から聞いた話で笑い転げてしまいましたが、確かに私の昔のイギリス人のデービッド・ベッカムにの上司も妻には全く頭が上がっていませんでした。なぜでしょうね?

男性女性を問わず、みずがめ座の時代です。女性性のエネルギーがたくさんきています
今は地球に降りてきているエネルギーは、受容、育む、協調する、調和する、愛する、一緒に作り上げていくという女性性のエネルギーで、ふんだんに降りてきています。

これらのエネルギーが降りてくることでこれまでの古い体制、俺の言うことを聞け、誰かに尽くすだけ尽くして自分の人生の芽が出ない、競争社会で他者を欺く、蹴落とす、出し抜く、誰かが上で誰かが下、グル中心の体制など、というようなエネルギー構造が壊れてきています。

特にロンドンはそれが顕著に現れてきている感じがしますが、自由に自分をはぐくみ、やりたいことを追究し、そして周りの人と協調して一緒に何かをやっていこう、作り上げていこうという時代へと入ってきていて、実際にそういう新しい、聞いたこともない動きや仕事をしている方にも数多くお会いしています。

女性性のエネルギー活性
男女を問わず、ご自身の中で抑圧されている女性的なエネルギーを目覚めさせて、男性性とのエネルギーバランスをとっていくことで、ご自身の人生のバランスも取れやすくなってくる、自分を愛をもってはぐくみ、自分の気持ちに慈愛をもって正直になっていくことができる、などの変化が表れてきます(個人差あり)。

あまりにも男性的にバリバリと人生を生きてこられた方や、自分をはぐくむ、愛するエネルギーを抑圧されてきた方にとっては、女性性のエネルギー活性セッションはお勧めです。

感情ワークも入っていますので、新たな自分を起こしてみませんか?

男女問わず、良いパートナーを引き寄せたい方、恋愛、結婚、人間関係を改善されたい方にもおすすめです。

http://gfls.co.uk/japan/

良い一日をお過ごしください。

ケイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年新年メッセージ – “豊かさ”とは

2015年新年メッセージ – “豊かさ”とは

こんにちは

調子はいかがですか?

おかげ様でお休みをいただいてリフレッシュできました。時間があっという間にたってしまった気がしますが、新年の抱負は設定されましたでしょうか?

年明け早々、天界からはかなりの光が降りてきていました。新年のエネルギーを吸収し、今年度の夢や目標をかなえていくためにはまだまだこれらのエネルギーを吸収していくのは遅くはありません。長いようで短い人生を豊かに歩んでいく事ができるよう、手に付けてこられなかったことなど今年は始めてみるのも良いかもしれませんね。

さて、今年2015年は“豊かさ”が一年を通じたテーマとなる年です。豊かさとは?と訊かれるとどのように感じ、考えられますか?ご自身は“豊かな”人生を送られているでしょうか?まだ“豊かではない”と感じていらっしゃるようであれば、それはどのようなことに関してなぜそのように感じていらっしゃるのでしょうか?答えに間違いも正解もなく、人生を豊かに生きるにはちょっとしたことでもそう生きることができる、のですが多くの方はそうは感じていらっしゃらないかもしれません。

 

一般的にはお金が沢山あって、高学歴で地位やステータスがある、他者から人気があっていつも社交的な事で外出している方などに対して、豊かだというイメージをもたれるかもしれません。物質次元的にはそうかもしれませんが、心の面での豊かさはいかがでしょうか?

 

例えば私の母ですが、本人は小さい時に体が病気で弱く、親や兄弟に迷惑をかけて愛を注いでもらってなんとか育ったという気持ちが非常に強くあるため、本人は恩返しのような気持ちで、自分のプライドもエゴも二の次で家族のためには時間や愛情もそそぐタイプの人です。社会的にはステータスがあるわけでもなく、高学歴でも華々しい経歴もありませんが、自分の健康に配慮しながら家族と一緒に楽しく過ごし、家族のために何かすることで喜びを見出して日々を過ごしつつも自分がしたいことも出来、孫にも恵まれ、私から見ると人生において本質的に豊かな生き方をしている人であるように感じています。パートナーである父とも口喧嘩をしながらも、何十年と連れ添って仲良くしているのをみるとお見合い結婚で“ピン”ときてたった半年で結婚した両親の結婚は山あり谷ありですが豊かであるように感じます。

今のこの時期は20年前に起こった阪神大震災に関わるテレビプログラムが多くあり、家族を亡くされた方々のドキュメンタリーや震災時の映像などを見る機会が多くあります。震災にあわれた方が一様におっしゃるのが、“家族はいつも一緒にいると思っていた。もっと一緒に色々出来たと思う、ありがとうと言えたと思う”など話されているのをみると家族の在り方、に関してもまた感じることが多々あります。“生”があるうちに、感謝の気持ちを伝える、お互いに愛を共有する。亡くなってからでは目を見て伝えられませんね。社会の基本単位である、一番身近な家族とけんかをしても良い関係を築いていく、家族からしていただいていることに対して感謝をしていくのも豊かな人生を送る基盤となるかもしれません。

 

私は小学生の時にガール・スカウトに入っていたのですが、ガール・スカウトのリーダーから、“いつもあなたのブラウスはきれいにアイロンがかかっていますね”と言われて初めて母が私にしてくれているアイロンがけに気づいて感謝したことがあります。このような小さなことでも多々親にしてもらって、独り立ちできない子供は大きく育っていく事ができる。何も言わず、あなたのために何かをしてくれている人がいるとすればそれはどなたでしょうか?

 

また、奥様のサポートを得て仕事仕事でキャリアを積んであるレベルまで上り詰め、老後の心配は全くないものの体を壊し、その後何十年に渡って仕事や旅行も思うようにできず病院通いをされている方もいて、人生における豊かさとは何かということを年明けから見ていくような機会もありました。私自身が東京で仕事をしている時は仕事に明け暮れていたので気持ちも状況もよくわかりますが、結局はバランスをとっていくことも必要であり、体の健康があっての人生だなーと感じています。日本では働き盛りの30-40代は夜中まで働くことを余儀なくされるような環境&文化にあるため、過度の残業をやめ、ヨーロッパのようにプライベートやホリデーも楽しむといった楽しみ方が広まっていっても良いように感じます。

 

お一人お一人の“豊かさ”への考えや定義は各々違うため、少し時間を取って自分なりの“豊かさとは?”と感じる時間を作られてみられても良いかもしれませんね。

 

 

また、今年は”本質的に豊かな”人生を送るために、色々なシフトが起こる年でもあります。今までにご自身の本質エネルギーを開花させる流れに入った方にとってはその流れを継続されていくと順調に進んでいく年となっていくことでしょう。そうでない場合は、その流れへ入っていくための変化を起こすため天界からのスイッチが入ることでしょう。この場合、今までのような流れ、仕事、パターンでは通用しない、今までのやり方ではうまくいかない、行き詰まる、どうすればいいのかわからない、などのチャレンジが起こってくるため、真剣に自分の生活、人生の在り方を、方向性を見直す、方向性を再設定する、ということが必要になってくるかもしれません。人生には季節のように四季やサイクルがあるため、”素直に謙虚に”、適宜、他者ではなく、“自分”を変えていく、“自分の在り方、生き方、人生への姿勢”を変えていく事によって道が開かれていく事でしょう。失敗しても遠回りをしたように感じたとしても、無駄にはならず一つ一つの経験が学びとなって私達人間及びスピリットの成長を促していきます。

 

物質次元の豊かさ

個々人の豊かさ

パートナーとの豊かさ

家族との豊かさ

地域の豊かさ

国の豊かさ

地球の豊かさ

宇宙の豊かさ

 

とは、

など感じられてみてください。

幸多き、豊かな一年となりますように。

 

ケイ

徒然なるブログ – “Unlock the Power”, AK2時代の始まり

こんにちはーー

朝からボーッとしています。

先週木曜の朝に起きたときに、上から“Unlock the Power”ワークショップの開催のビジョンを与えられ、内容のダウンロードから、イベント会場のロケハン、予約、ご予約承りなど土曜までバタバタとあっという間に時間が過ぎました。

木曜にご案内した翌日、金曜の朝にはうちのフラットだけ電気がつかなくなり、廊下から延長コードを引っ張ってきてお湯を沸かして、湯浴びをして、“go!”というとんでもない週末でもありました。今朝やっと電気が通って電気を使える、ヒーター、コンロとシャワーを使えることのありがたみをヒシヒシと感じています。夜はキャンドルをたいてずっと、火の精霊といたため、ある意味神秘的な週末でもありました。

イベントを色々なところで告知をしたのですが、まさかのネットのシステムダウンなどもあり、何かとエネルギー的な邪魔を押しのけながらの、当日土曜は3つのワークショップを開催させていただきました。ご参加、ありがとうございました。

エネルギー的な邪魔が入ることは予想していたので、私と同様大天使ミカエルとつながりを持つサイキックのパートナーに“邪魔”のほうのエネルギーマネジメントをお願いして、私はAK2の光のイベントに注力できるように予防線も念のために張っておきました。が、当日は、光光光!。光に押されて邪魔な闇のエネルギーはどこへやら。ワークショップを終わって、街中をみると多くの人がたくさん楽しそうにしている、また楽しそうなグループが多くみられましたが、気のせいでしょうか。

 

新年どころか、もう新しい時代、AK2時代の幕開けです!この素晴らしい新月の日に、多くの方々と目覚めていくためのワークが出来たことをとてもうれしく思っています。

たったの2日間という短い時間でのイベントのご案内でしたが、多くの方にご参加いただいて、本当に本質的な人生を送りたいと思っている人が多くいるんだなーと改めて実感しました。

日本人よ、目覚めの時です!。イベントに参加されてもされなくても、どうぞ目覚めていってくださいませ。一人でも多くの方が、“本当の自分は誰?”のカギが開けられることが出来ますように。。。。

 

私自身ワークショップの中で少しお話しさせていただきましたが、金融機関に東京で十何年にわたって勤めていた時は、お金も仕事もそこそこ、好きな仕事で海外で仕事もしてそれなりに充実はしていたものの、心の本当の意味での充足感や、人生の目的、意義をみいだせないまま、“人生は暇つぶし。。”と思って趣味と海外旅行、仕事とキャリアアップのための習い事や資格習得、自己投資にあけくれていました。2005年の人生一大悲劇のウェイクアップ・コールでやっと目覚めていきました。今回のワークショップでアバンダンスワークもしましたが、本物のアバンダンスは物質を持つこと、ではありませんね。

ワークショップの場のエネルギー設定をしているときは音楽やら、ギターやら、非常に周りがうるさかったのですが、始まるとピタッと不思議なことにやみました。ワークショップの時にいつも感じることですが、私ではない誰かが私の代わりに話している感じがします。また、浄化瞑想と言っていますが、ヒプノも入っているため、潜在意識に働きかけてより効果的に自分の人生をポジティブに送っていただけるような、コーチング・ヒプノによって、エネルギー解放をしていきます。なので、単なる瞑想ではないんですね。ご参加者のエネルギーを感じながら言葉が毎回変わっていきます。浄化瞑想をする時には、私の声が変わってエネルギーがご参加されている方々へ働きかけているのが良く分かります。

降りてくるエネルギーは、非常に強く、光満載という感じでしたが、ご自身の“鍵”を開いていくワークの時とアバンダンスワークの時は特に圧巻でした。ワークショップの際には、ある程度ワークする内容は事前に設定しますが、その時のエネルギーの流れに任せてフレキシブルに進行していきます。その時にガイダンスが降りてきたりもしますので、取り入れます。

ワークショップの後、門下生だけでまた引き続きワークをしましたが、AK2のエネルギーがまた更に降りてきました。この地球の管轄は地球のハイアラーキーがいます。が、宇宙をマネジメントしている存在、宇宙のハイアラーキーもいます。今回は、銀河連盟の光のハイアラーキーの元で銀河連盟に肉体をもって加わって、AK2のワークをサポートしてもらえるための銀河連盟によるイニシエーションが行われました。世界中で銀河連盟によるイニシエーションが行われるという話は聞いたことがないため、もしかしたら世界初???かもしれません。ご希望の方には、AK2セミナー後に、銀河連盟に呼ばれて一緒にワークしていくことになる方は受けられると思いますよーーー。プロテクションも入り、サポート役も付いてくれているように感じています。地球のミステリースクールによるイニシエーションとは全く別物です。イニシエーションと聞くと、オカルトちっくに聞こえるかもしれませんが、純粋に光の存在達の仲間入りをして、光を降ろすための儀式です。そのため、宗教もドグマもなにも関わりません。宗教を超えて、本来の神や天使達との関わりが自分の中で強くなっていく、目覚めていく、そんな感じです。

 

今回のイベントでは水や風のエレメントが多くおりてきていたように思いますが、3月30日のイベントでは火のエレメントがメインです。ミカエルも絡みますので、楽しみですね。早割サービスもあるので、ご活用ください。29日のミカエルセミナーにご参加できる方、ぜひぜひご参加ください。なかなかない機会です。

http://armmsj.wordpress.com/whats-on/

エネルギーは本からだけでは学べません。実践と合わせて体験されていくのが一番ですので、クラス1を受けられた方、効果と変化があることのご感想をいただいていますが、引き続き実践されていってくださいね。まだクラス1を受けられていない方は、人生を変えていくためのツールが盛りだくさん。自己啓発のツールとしてご使用いただけます。

 

AK2のエネルギーを受けっぱなしで、地に足を着けているのが非常に難しい感じです。誤字、脱字等ご容赦ください。

 

良い一日をお過ごしください。

 

ケイ

 

ブログ - お花を送ってみました。

今日はとても陽気が良かったですね。朝ジョギングに行こうと思いながら仕事に没頭するとすぐに夕方になってしまいます。

定期的にメンテナンスセッションを自分にしているのですが、その際に母親にお花を贈るようにというメッセージが来ました。父とは色々なカルマ清算などがあることには気づいていて、エネルギーワークがひと段落したところですが、母親となにかしらあるようには思えません。うーーーんん。。。お花より団子のほうがいいんじゃないの、とは思ったものの、花キューピッドという便利なオンライン花屋さんがあるので。お花を選んで送ってみました。私の父は典型的な日本男児なので、バラの花を贈るなどという照れくさいことはしません。せっかくだからピンクのバラの花たばを贈ってみました。

金曜の昼頃には配達されるようにしたのですが、特に母から連絡はなく。日本時間の夜に電話したところ、とても喜んでいましたが、なんで送ってきたのか、記念日でもなんでもないのに、と話すまでずーっと考えていたようです。妹には携帯テキストをピンクのデコ文字で、お花が届いた、とうれしいメールをしていたそうです。

いつも日本に帰るとこれを持って帰れ、あれを持って帰れとスーツケースに入れてくれようとするのですが、重くなるので大体断ってしまっていてがっかりさせることもしばしばです。中高時代は家から1時間半かかってかかる学校に行っていたため、毎朝4時半、5時起きでお弁当と朝食を作ってくれていたり、制服にアイロンをかけてくれたり、色々と面倒をみてくれて育ってきているのでありがとうの気持ちを電話で伝えてみました。照れくさいもんですね。たまには感謝の気持ちをお花で表すのもいいものです。団子よりも花の香りと見た目と、思いがけずプレゼントが来たこととその気持ちで、とても喜んでくれたそうで私も朝から良い一日となりました。

先日ある心理ワークのケースを読んでいたのですが、ある女性が子供のいじめで悩んでいたところ、セラピストから心理ワークをしてみなさいとアドバイスをもらって見事に子供のいじめが軽減されていったという話がありました。かいつまんで言うと、子供の気持ちになって親を見てみる、また親の立場になって子供を見てみる、という内容で内観をされてご自分の中にある色々な気持ちの問題を解消していった結果、子供さんの外の現象が変わっていったという内容でした。誰もが完璧ではないものの、親も子供も精一杯日々を過ごしている、愛情表現が下手でも、世間の基準に合わなくても、人間としての価値を物質や学歴、職歴、ステータスで図りますか、それとも愛情に価値を見出しますか、言葉にならない気持ちを汲めますか?といったような内容でした。このケースを読んだ後、親から見ると私は好き勝手やっていて親の思う路線で人生を過ごしていないため、はらはらドキドキ心配させているんだろうなーと思いました。感謝をすると自分のハートが暖かくなりますね。

普段愛や感謝を伝えられていない人がいれば、その方がいらっしゃるうちに伝えてみてください。伝えたい人がいなくなってからでは後悔するかもしれません。

人間にとって必要なもの
水、
空気、
食べ物
睡眠
運動
だけでなく、愛も必要です。

自分への愛が枯渇していると心身の病気の原因、体の痛みにもなります。愛や光を満タンにしていくためにはいろいろな方法がありますが。3月30日に予定しているマインドボディスピリットのイベントにご参加されてみてください。最後にちょっとしたマッサージやスキンシップで触れ合うことの大切さ、などもご体験いただけます。

良い週末を。

ケイ